東京新聞杯 [GIII] (2021) 予想

【予想】

まずルメールJ騎乗で人気先行感のあるトリプルエースの取捨。東京開幕2週目でやはりディープ産駒の庭。

◎ サトノアーサー

今回人気落ちのディープ産駒で馬券的な妙味は一番。

◯ ダイワキャグニー

まず最内スタートがこの馬にとって絶好。一気の距離短縮となるが、前目で競馬できるのでインで粘りこむ形は十分あり得る。

▲ ヴァンドギャルド

1番人気でも福永J騎乗のディープ産駒ということでやはり抑えなければならない馬。

☆ ロードマイウェイ

前走は向こう正面で不利があったようで、そのあと馬が競馬をやめているのでノーカウント。2走前くらいやれれば復活勝利も。

△ サトノウイザード、カテドラル、トライン

✕ シャドウディーヴァ、エイトシャイデン、サトノインプレッサ

最強競馬ブログランキングへ

【買い目】

トリプルエースがきたらしかたなしで、広くいきましょう。

(1)3連単フォーメーション1着:01,03,09,13
2着:01,02,03,04,05,09,13
3着:01,02,03,04,05,09,11,13,14,16
192点×
100円
19,200円
(2)3連単フォーメーション1着:09
2着:01,03,13
3着:01,2,03,04,05,13
15点×
100円
1,500円
(3)3連単フォーメーション1着:09
2着:01,2,03,04,05,13
3着:01,03,13
15点×
100円
1,500円
(4)3連単フォーメーション1着:01,03,13
2着:09
3着:01,2,03,04,05,13
15点×
100円
1,500円
(5)3連複1頭ながし軸馬:09
相手:01,02,03,04,05,13
15点×
100円
1,500円
合計25,200円

最強競馬ブログランキングへ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です